武田薬品工業のMR求人

MR薬剤師転職TOP >> 人気企業のMR職の薬剤師求人 >> 武田薬品工業のMR求人

武田薬品工業のMR求人

医療用の医薬品では1兆4000億円といわれる国内トップシェアを記録している武田薬品工業では、しばしばMRの採用情報を出しています。ちなみに国内トップクラスの営業利益をあげているのですが、武田薬品工業に在籍しているMRの数は2000名程度と他のメーカーと比較してもあまり多いとは言えません。それだけ個々のMRが営業で大きな貢献をしていることが分かり、キャリアアップやスキルアップを目指して転職する人にとってはおすすめの職場といえます。

武田薬品工業のMRを見てみると、働き方がユニークな所が特徴的であると言えます。TPMといわれる独自の管理システムを導入しています。TPMでは1日8人の医者との面談が求められています。上司はシステムを通じて、部下がどんなドクターとあって、どのような面談ないようになったかを把握する方式をとっています。

武田薬品工業のMRの待遇ですが、なかなか良い条件がそろっています。例えば20代後半の年収をチェックしてみると700〜750万円といったところが相場になります。同業他社と比較しても、好条件といえるでしょう。特にボーナスの額が多いことで知られています。独身の方は転職先として、武田薬品工業を選択肢に入れてみると良いでしょう。募集要項を見てみると、家賃補助がかなり手厚くなっているからです。武田薬品工業は日本全国に支社や営業所を抱えているので、頻繁に転勤を求められることもあるかもしれません。そのような場合でも手厚い家賃補助があれば、生活費のやりくりにも余裕が生まれるでしょう。

武田薬品工業の動向を見てみると、海外を視野に入れた動きが活発になりつつあります。例えば海外の医薬品メーカーを買収したとか、外国人幹部を任命する、海外畑出身の人材を社長に据えるといった動きを見せています。このためこれから武田薬品工業のMRとして活躍するためには、語学スキルを持っていてグローバルに活躍できるような人材の方が望ましいでしょう。実際新卒採用にTOEICのスコアを条件として加えていて、730点以上のスコアのある人を対象にしています。ですからTOEICのスコアを持っていない人はまずはテストを受けることが先決になるでしょう。

武田薬品工業のMRの仕事も外資系と似たところがあって、能力主義に傾きつつあるようです。つまりきちんと結果を出しているMRには高収入で報いるけれども、結果が出せないと最悪クビということもあり得ます。大変ではありますが、見方を変えればやりがいのある職場とも言えます。

MR薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 MR薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.