MRで働く薬剤師になるには?

MR薬剤師転職TOP >> FAQ >> MRで働く薬剤師になるには?

MRで働く薬剤師になるには?

調剤薬局などで調剤業務を行ってきた薬剤師が心機一転、MRに転職したいと思っている人もいるでしょう。MRの求人情報を見てみると、未経験者でも歓迎する案件は結構見られます。未経験者でも中途採用される可能性は十分ありますので、興味のある人は情報収集してみましょう。MRの募集ですが、ハローワークや一般の求人サイトではなかなか出てこない案件です。薬剤師専門の求人サイトで情報収集するのが探し方としてはベストです。

未経験者でも歓迎する案件は多いですが、それでもMRの実務経験のある人と競合した場合、即戦力として経験者を採用される傾向があります。そこで実務経験はなくても、MRに関する専門的な知識を持っていることをアピールするために、関連する資格を取得して転職活動するのも一つの方法です。MR認定試験と呼ばれる試験があります。毎年12月に年1回開催される試験で、MR認定センターという資格認定をしている主催団体の認可する教育研修施設で、基礎教育300時間受講して受験資格を得ます。MR認定試験に合格していれば、MRに必要な専門知識を持っていると採用する方も認めてくれるでしょう。MR認定試験はMRになるために絶対に必要な資格ではありません。しかし少しでもライバルよりも採用を手元に手繰り寄せるためには時として必要になるでしょう。

MRを募集している製薬会社では、最終的に採用するかどうか、面接試験によって決めます。未経験者の場合、MRの適性があるかどうかを面接官によってチェックされます。それを意識して面接試験に臨むことです。まずキャラクターのある人材を製薬会社は求める傾向があります。MRは医薬品情報を現場の医療スタッフ、特に医療チームのリーダー格である医者に提供することになります。つまり病院に深く食い込むためには、医者との信頼関係を短期間でいかに築き上げるかが重要なポイントになるわけです。医者や秒単位で動いている人も多く、コンタクトをとれる時間も短いです。その中で相手に印象付けさせるためには、キャラクターのしっかりしている人の方が良いわけです。ですから自分の個性は何か、自己分析をしてその部分を重点的にアピールすることが大事です。

また医療の世界は日進月歩・発展途上の世界なので、医薬品も今後どんどん新薬も出てくるはずです。そのような最新情報を勉強する姿勢を常に持っているところも、面接試験などでアピールしておきたいところです。

MR薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 MR薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.