MRで働く薬剤師の自己PRは?

MR薬剤師転職TOP >> FAQ >> MRで働く薬剤師の自己PRは?

MRで働く薬剤師の自己PRは?

薬剤師の資格があっても、経験者なのか、それとも未経験なのかによって採用が左右されてしまうことがよくあるのがMRの世界です。ただし未経験だからといって、必ずしも不採用になるわけではありません。経験者よりも未経験者の方が積極的に動けることもありますから、採用する企業側も未経験者の方が適していると思えば、採用しています。ただし、異業種から、また薬剤師の経験があってもMRの仕事は初めてという場合、MR業界で働くにふさわしい人物であるかどうか、企業にとって貢献してくれる人材であるかどうか、この2点が重要なポイントとなります。薬剤師は多岐にわたって活躍することができますが、中でも医薬品メーカーや製薬業界というのは常に競争率の激しい業界とされています。つまり、一つの求人に多くの応募者が出ることは珍しくないということですので、採用自体を勝ち取ることが難しいのが現状なのです。

「ライバルとは違った何か」を伝えられると未経験だったとしても採用してもらえる可能性は十分高くなります。つまり、面接時の自己PRを侮ってはいけないのです。医薬業界というのは、常に新しいことへ挑戦を続けていく業界でもあります。ですので、MRは特に新しい医薬品が開発された時もそうですが、常に勉強をして自社に貢献していくという姿勢を持ち続けなくてはいけません。その点をしっかりと自己PRに盛り込んでいきましょう。製薬会社の売り上げを左右するのは、やはり自社製品を使ってもらえるかどうかがかなり左右します。となると、同業者となるライバル企業を蹴ってでも、自社の製品を売り込むことができる強さが必要となります。症例があれば、自己PR時に盛り込んでいくと良いでしょう。ノルマが必ずあるわけではありませんが、MRの世界は個人の売り上げ目標を設定していることが多い傾向にあります。ですので、個人的なことでも構いませんから、目標達成することができた実績や事例を自己PR時に盛り込みます。履歴書にも必ず記載するようにした方が、書類選考を通過できる可能性も高まるでしょう。

いくら求人数が多いと言われている薬剤師の世界でも、自己PRを何十回もするような経験を持っている方はほとんどいません。誰もが自己PRは模索し、試行錯誤しながら行ったり記載したりしています。ですので、他の応募者に劣ってしまうということはないですから、自信を持つことも採用を勝ち取るためには大切な事となります。

MR薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 MR薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.