MRで働く薬剤師の年収平均は?

MR薬剤師転職TOP >> FAQ >> MRで働く薬剤師の年収平均は?

MRで働く薬剤師の年収平均は?

いろいろな職種がある中で、薬剤師という仕事は年収が高い方だと言われています。ただし、同じ薬剤師でも仕事の内容によって年収はかなり異なるのが現状にはありますが、MRはその中でも年収が高い傾向にあります。もちろん、MRという同じ仕事をしている薬剤師でも勤めている企業によって年収は異なります。たとえば、薬学部を卒業したばかりの新卒者の場合、初任給の平均は約23万円程度、ボーナスを合わせると平均年収は400万円程度となります。初めて社会にでた学生でもMRというのはここまで高いお給料がもらえる傾向にあるわけですから、人気があるのも当然でしょう。

30代半ばになると年収は20代の前半に比べると200万円も多い600万円が平均年収となっています。仮に、30代で主任など責任のある職に就くと更に200万円も多い800万円という額が平均年収となるとされています。薬剤師のイメージをもってしても、調剤というのが大きく割合を占めているわけですが、やはり調剤分野で活躍されている薬剤師に比べると、100万〜200万円も年収が変わることもあるため、調剤薬局からMRへの転職を希望される方もたくさんいます。確かにお給料だけで仕事は決められるものではありません。やりがいなどを含め、どんな仕事をやっていきたいのか、どういった職種を希望しているのかが変わってくるわけですが、その中でもMRはとてもやりがいのある仕事です。しかも、社会人としてのマナーや他業種とのコミュニケーションを取ることができるため、毎日同じことを繰り返す仕事であっても、飽きることがないといいます。

ただ、年収が高いということはそれだけ責任の思い仕事を任されているということでもあります。自社で開発した医薬品をいかに使ってもらうことができるか、それは何と言ってもMRの腕にかかっていると言っても過言ではありません。年収が高いだけでこの仕事に就いても、長期にわたり活躍することは非常に難しくなります。土日祝日休み、年間休日も多いMRという仕事ですが平日は勤務時間を大幅に超えて残業をすることも少なくありません。ですから、その分年収が他の薬剤師の仕事に比べると高くなっているのです。そういった意味も踏まえ、MRという仕事をするにあたって相応の覚悟をしておくということも大切になるでしょう。もちろん、企業によって年収には差が生じることはよくあります。あくまでも平均的な値となっていますので、必ずしもご紹介したような平均年収までもらえるとは限りません。

MR薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 MR薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.