MRで働く薬剤師の志望動機は?

MR薬剤師転職TOP >> FAQ >> MRで働く薬剤師の志望動機は?

MRで働く薬剤師の志望動機は?

MRで働いている薬剤師の方は、高い倍率をくぐりぬけて働いている方も数多くいます。大手企業で誰もが知っている新薬メーカーになると、その年によっても異なりますが、採用される倍率が10倍にも膨れ上がるケースもあるといいますから、難関中の難関であるといっても過言ではありません。ライバルも数え切れないほどいます。求人数も大きな企業になれば、何十名と採用するようにはなっていたとしても、そこへ何百人という応募者が現れる可能性が十分に高いわけですから、やはり経験者の方が有利となるのは言うまでもありません。かといって、未経験の方は不利になってしまうのかというと実際にはそうではないのが現状です。経験者がたくさんいる中で、未経験者を採用することはよくあるのですが、何を基準として選んでいるかと言うと、いくつかポイントはありますが、その中でも志望動機は大きな割合を占めると言えます。

志望動機は納得できる内容のものであるかどうか、また志望動機から本当に働きたい仕事であるということをしっかりと伝えられることができているかどうか、この点は面接官や採用を担当する人事はしっかりと見ています。薬剤師として経験があっても、MRとしての経験がないと言う方もたくさんおり、そういった方でもMRへの転職は十分に可能な世界です。ライバルが多い分、未経験なら尚更、志望動機に重点を置いていかなくてはいけません。経験者よりもなぜ未経験からこの世界で働きたいと思ったのか、MRと言う仕事をなぜしたいと思ったのか、この点は面接官もかなり興味をそそられる部分となります。多くの方は安定した仕事であるということ、またお給料も同じ薬剤師の資格を持ちながら最高水準であるという理由から、MRと言う仕事に興味をもたれる方が大半を占めるわけですが、それが本当の理由だったとしても、志望動機に正直に書いて良いと言うことにはなりません。

MRにどんな魅力を感じているのか、それを明確かつ簡潔にわかりやすく志望動機としてまとめられるとベストです。もちろん、そこには医薬品メーカーや製薬企業の経営方針を始め、独自に取り入れている制度など志望している企業が強みにしている部分も付け加えていくと尚良しです。人気があるがゆえに、一つの求人に複数の応募者が現れるということは、決して珍しい事ではありません。ライバルに差をつけられる志望動機にするためには、様々な視点からMRと言う仕事について考え、アピールしていくことが大切です。

MR薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 MR薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.