MRで働く薬剤師の結婚事情は?

MR薬剤師転職TOP >> FAQ >> MRで働く薬剤師の結婚事情は?

MRで働く薬剤師の結婚事情は?

MRという仕事は、医薬品の営業職ですから、他の営業マンと仕事の内容というのはほとんど変わりません。一般的な営業職というのは、得意先を回り、扱っている商品の情報を提供したり意見を伺ったりします。移動方法は企業によって異なりますが、大半は車での移動となり、移動距離もその日によってかなり変わってきます。会社周辺を何件も回る日もあれば、1〜2件しか回らなくても長距離の運転を強いられ、高速に何時間も乗っていくということも決して珍しくはありません。

移動距離も長くしかも得意先となる医療機関にも気を使わなくてはいけない部分も多々あるため、心身ともに苦労することが多いとも言われています。しかしながら、現在は、以前のように医師や医療機関に自社の医薬品を使ってもらうための過度な接待も原則として禁止されています。ですので、以前に比べればMRの仕事も激務ではあるものの、体や心がおかしくなってしまうまでするものではなくなってきました。

ですので、仕事をしながら家事や育児をこなしている女性のMRの方も増えてきています。男女雇用機会均等法ができてからというもの、女性の社会進出が増えました。医薬品メーカーや製薬企業というのは、法律や社会の動きにいち早く敏感に反応します。ですから、女性が働きやすい環境や制度を整え、結婚をしても出産をしても、育児の最中でも女性が働ける職場作りに力を入れているのです。よって、MRは独身が多かったのですが、現在は男女とも家庭を持つ人が増えてきています。もちろん、その日の仕事の進み具合によってはかなり残業を強いられたりすることもありますし、忙しい仕事であることに違いはありません。

ですが、これも企業によってかなり異なってくるということを覚えておいた方が良いでしょう。営業職なので全体的に見れば大変なことも多いのですが、平日は残業などが多かったとしても週末や年間の休日日数くらいはしっかりと休みを取ることができたり、忙しいとは言っても、都合に合わせて働けるようになっているところも多いですから、すべての医薬品メーカーや製薬企業が、上記のような激務に追われていると言う事ではありません。MRに限らず、今の日本はどんな職業であっても晩婚化が取り沙汰されている世の中です。日本全体で結婚をする年齢が上がってきているのですから、結婚出来る出来ないは、その人の考え方や将来設計などによってもかなり変わってくると言えるでしょう。

MR薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 MR薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.