MRで働く薬剤師の薬剤師手当は?

MR薬剤師転職TOP >> FAQ >> MRで働く薬剤師の薬剤師手当は?

MRで働く薬剤師の薬剤師手当は?

薬剤師の人でMRへの転職を希望している場合、どの程度の給料がもらえるのか気になるという方も多いはずです。2011年の調査によると、MRの平均年収は661万円となりました。サラリーマン全体の平均所得が400万円前後が平均と言われている中では、かなりの高収入であることがわかります。ちなみにMRは製薬会社の営業職と言われることも多いですが、他の業種の営業マンの平均年収は450万円程度といいますから、それと比較しても高いことがわかります。MRの給料の高い理由ですが、簡単に言うと手当を手厚くもらえるからです。その中でも注目してほしいのは、営業日当と呼ばれるものです。

MRの場合、勤務時間の大半を外回りに費やしています。しかも相手の先生などの都合に合わせて仕事をする形になるので、朝早くから会社に出て、夜遅くまで戻ってこない、場合によってはその日1日会社に戻ってこないこともままあります。外勤に費やす時間が自然長くなるので、それを補う意味で営業日当という手当がついてきます。製薬会社によって日当の額は異なりますが、1日当たり3000円前後というところが相場のようです。月に20日働けば、基本給に6万円のアップとなるわけです。ですからMRは、他の営業職と比較すると高収入になるわけです。

ただしこの営業日当ですが、会社によってそのシステムが異なります。一律いくらとしているところもあれば、外勤をした時間によって何段階かに分けて支給をするシステムをとっている製薬会社も見られます。営業日当の支払い方法はどうなっているのか、大体いくらくらい出るのかもチェックして、どこに応募するかを決めるのも一つの方法です。ただし再初期化されていた営業日当の支払いルールが入社してしばらくして変更されるというケースもあることは頭に入れておきましょう。

手当にはいろいろな種類があって、資格手当を付ける会社も中には見られます。医薬品の専門家たる薬剤師の資格を持っていると薬剤師手当のつくこともあります。ただしこの薬剤師手当ですが、付けているところもあればつけていないところも見られます。一般的な傾向として、大手の製薬会社では薬剤師手当を付けていないところが多いです。ではどのような製薬メーカーが手当てを付けているかですが、ジェネリック専門の製薬会社でつけているところが多いと言われています。薬剤師手当がつく場合ですが、月で5000円、多くついたとしても1万円くらいのプラスになると思っておきましょう。

MR薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 MR薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.