MR薬剤師転職エージェントランキング

MRは薬剤師資格で稼げる仕事の筆頭格!

薬剤師の就職先は調剤などの薬局やドラッグストアだけではありません。医薬品の営業職であるMRも薬剤師にとって就職先の候補になります。MRの仕事は営業スキルを売りに就職する人も多く必ずしも薬剤師資格は必要ではありません。それゆえに転職時は競合も多いですが、実際に適性があればかなり稼げる仕事の1つでもあります。

MRの求人情報を探すならリクナビ薬剤師から探す方法がおすすめです。豊富な薬剤師求人の中にはMRの案件ももちろんありますし、転職に必要な知識や資格など、コンサルタントがアドバイスしてくれるのも心強いです。

MR薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクナビグループの薬剤師転職エージェントだから人気の高いMRの求人も見つけやすい!
研修制度や勉強会が充実している企業の求人が多いから、MR未経験でも安心して働ける!
育児と家庭の両立を履かれる好条件の求人多数!女性にピッタリのMRの求人が見つかる!



薬キャリ ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリは上場企業系の薬剤師転職エージェント理想のMR転職を完全サポート!
・大手製薬会社を始め、業界最大数30,000件以上の求人!希望や条件に沿ったMR求人がある!
即日10件以上の求人紹介も可能!人気のあるMRの求人も随時紹介してくれるから安心!



マイナビ薬剤師 ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビグループの薬剤師転職エージェント。条件や希望に沿った求人を見つけられる!
年収600万円以上も夢じゃない!人気のあるMRの求人もピッタリのものを見つけられるから安心
最初から最後までコンサルタントがサポートしてくれるから、MRの仕事もスムーズに見つかる



ファゲット ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・転職祝い金を最大20万円だしてくれるファゲットなら、満足いく転職ができること間違いなし
非公開求人の数は何と30,000件以上!対応スピードも即日だから条件の良い求人を逃さない!
MR未経験でも心配なし!在職している中での転職活動もしっかりとサポートしてくれるから安心



ファルマスタッフ ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
全国に15ヵ所の営業所があるから、それぞれの地域にマッチしたMR求人を見つけられる!
・「年収800万以上」「都内勤務限定」など好条件のMRの求人も多く見つけられる
薬剤師専任のコンサルタントの数が80名もいるからMR転職の悩みも全て対応!



薬剤師が調剤や病院からMRを目指すケースは増加傾向!



薬剤師の仕事は多岐にわたりますが、その中でも近年特に人気を集めているのがMRです。MRとは、医薬品情報担当者を意味しており、医師や歯科医師、同業者である薬剤師の方に医薬品などの情報を提供するのが主な仕事となります。一般的には医薬品メーカーに勤めることになり、すぐにMRとして働くのではなく、多くの場合は企業内で行われている研修会などに参加し、ある程度知識を得てからの活動となります。医薬品メーカーの大半は土日祝日休み、年間休日が多いこと、お給料も比較的高収入を得られるということもあって、調剤薬局からMRに、病院からMRに転職を希望される方も年々増えてきています。

いくつかの職場を転々として、自分にあった職場を見つけられるというのも薬剤師という仕事ならではと言えますが、「高年収で稼げる仕事に就きたい」「土日は絶対に休みがいい」などの条件で働ける職場を見つけなければと考えた時、安定していて収入の良いMRに転職を希望される人が出てくるのもうなずけます。ただMRの求人は希少価値のある求人率と言われていますから、働きたいと思っていても、そう簡単に働くということはできないというのは覚悟が必要です。応募したとしても必ず採用してもらえるわけではないということもしっかりと踏まえ、転職活動を行っていくことが大切ですし、転職活動の際はリクナビ薬剤師などの転職エージェントを使うべきというのは先述の通りです。

営業経験がないなら「薬剤師転職エージェント」は必須!



上記で解説した通り、調剤薬局や病院からMRに転職を希望される方は多いわけですが、MRは別に特別資格などを必要としない職種なので資格を何も持ってない人がなっても構いません。そういう意味では他職種の「営業職には自信がある!」という人材とも採用では競合するわけです。もちろん医薬品に関する専門的な知識を持った人材のほうが有利ではありますが営業力がない分のディスアドバンテージもあるというわけなのです。

営業経験がない状態でMRになろうとするとどれくらい難易度が高いかといえば、一言で言うと「中途採用実績を見ると大手の製薬会社で企業での実務経験のない薬剤師をとっていることも珍しくない」という表現が合っているかもしれません。従来営業経験を有さない薬剤師がMRに転職するのは難しいと言われていましたが、薬剤師の専門的な知識が医者や薬剤師、看護師などの現場スタッフの信頼を勝ち取るためには必要という認識が製薬業界でも浸透してきていて、未経験でもある程度の合格見込みはあるという状況です。

異業種からMRへ転職を希望する人の中にはいきなり製薬会社のMRの転職を志望するのではなく、CSOにいったん入社してそこでMRとしてのスキルやノウハウを積んで、再度製薬会社のMRの採用試験を受ける人もいます。CSOとは、医薬品の営業やマーケティングのアウトソーシングを担っている会社で、製薬会社が医薬品販売に力を入れたい時だけMRの派遣を受けるのが特徴です。製薬会社のMRにいきなり入るよりは転職のハードルは低いと言えますし、CSOでMRの活動をすれば実務経験がつきます。その上で製薬会社のMRに転職を希望すれば採用されやすくなります。

あと転職をする場合には、早めに行動を起こすべきです。MRの募集を見てみると、年齢制限を設定している案件が多いです。製薬会社によって違いがありますが、大体の求人情報で35歳くらいまでとなっているのでこの年齢に近づいている人はどんどん転職活動を進めていくべきです。リクナビ薬剤師などの転職エージェントにも年齢面の相談などもしてみましょう。


Copyright (C) 2015-2018 MR薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.